看護師の仕事内容について

近年看護師は、医療技術の高度化や複雑化に伴って、病院だけではなく、さまざまな医療機関や施設で必要とされるようになり、また幅広い医療に関する知識や最新医療器具を扱う技術も求められるようになってきています。そのため、看護師の仕事は、働く場所によって仕事内容が随分と異なるようになりました。

 

まずは、一般的に看護師の方が働いているイメージが強い病院です。病院では、医師の補佐役となり、診療や治療のサポートをするのが看護師の主な仕事です。具体的には、問診や検査の説明、注射、検温、血圧測定等と病院ではたくさんの仕事があります。

 

病院の中でも入院施設のあるところでは、患者の経過観察を行うのも看護師の仕事になります。近年では、高齢化社会が進んできており、老人介護施設や訪問看護ステーションでの看護師の活躍も目立つようになってきました。これらの場所では、高齢者の方の生活をサポートすることがメインの仕事内容となってきます。

 

ですので、健康管理をする他にも、介護福祉士と一緒に食事介助や入浴介助、トイレ介助を行うこともあります。また、高齢者の方の家族に健康状態を報告したり、保健指導を行ったりもします。このように看護師と1つに言いましても、働く場所によって看護師の役割は違ってきているのです。

お母さんと看護師さんと気力

実際は健康なのに毎日、「具合悪の?大丈夫?」と言われ続けると、人は本当に体調を崩すそうです。同様に、自分の周りが体調の悪い人ばかりだと、健康だったとしても具合が悪くなるということもあるんじゃないかなと思います。

 

看護師さんは、具合の悪い人にしか囲まれていませんよね。その中で健康を保つってすごいことだなと思います。具合の悪い人に囲まれて、自分は健康を保ち、そのうえ、具合の悪い人に元気を与えさえする。天使ですね。

 

家庭でも、インフルエンザで家族がばたばたと倒れるなか、家族を看病するお母さんは元気でい続けたりしますよね。看護師さんも同じような感じなのでしょうか。病は気からといいますが、インフルエンザで倒れゆく家族を世話すると言う使命感にかられるお母さんと、患者さんを支える使命感にかられる看護師さん。つまり「気力?」。

大阪に強い看護師転職サイト

調剤薬局で働いて

私は調剤薬局に働いていた経験があります。その時の仕事はOTCいわゆる大衆薬を中心にした販売の仕事でした。ですから薬剤師ではありませんでした。初めはまったく薬の知識がありませんでしたから、店頭に立った時は薬を売ると言うよりは雑用係と言うほうがあたっていました。

 

とにかく商品のありかを覚えていったのです。そうしなければお客さんが言ったものを探せなかったからです。なので、薬の成分や売り方を覚えるために、とにかく先輩である薬剤師の人達の接客を近くで聞いていたり、商品の説明書きなどを集めて知識を吸収していきました。

 

そして、6ヵ月もするともうほとんどの薬を販売できるようになっていったのです。

 

しかしそこまで行くのは大変でした。当時は1980年代でしたが、薬剤師の中には、私のように資格を持っていなくて、薬の販売をする人に良い印象を持っていない人が少しいたのです。ですから高圧的な態度をとられた事もありました。しかし、今から思えば、そのような事はどのような職場でもあり得るなと思い、かえって自分のやる気に繋がったとポジティブに考えています。

薬剤師求人サイト