看護師という仕事に向き合う難しさ

一番仲のいい友人が看護師をしています。もう看護師の職に就いて5年以上が経ちますが、近頃やっと看護師という仕事に慣れてきたそうです。

 

友人がまだ看護師になりたての頃、よく仕事の悩みなどを聞いていましたが想像していたものよりもずっと過酷で、正直な感想としては看護師という職業はよほどの覚悟がないと選択すべきではない職業だと感じました。

 

看護師は患者さんのケアをするわけですからまずは自分自身の体調が整っていないと話にならないわけです。つまり自分の身体をケアすることだけでなく、他人のケアにも気を配らないといけない、しかも患者さんは看護師ひとりに対してひとりというわけではありません。何人もの人のケアをしなければなりません。自分のことでも精一杯なのに、と言っていた友人の言葉がとても印象的でよく覚えています。

 

「これが絶対に正しい看護」という形がなく、患者さんそれぞれに応じてケアの方法を考えていかなければならない。マニュアルのない仕事だからこそ、自分で考えそして相手のことを考えて対応していかなければならない難しさ。毎日悩み続けた日もあったようです。

 

でも結局はただひたすら毎日考え、行動すること!そういうふうに開き直り、今では友人も立派な看護師の1人です。そんな友人のことをとても尊敬ています。

患者の見た看護師-看護師のお悩みあるあるネタ記事一覧

大変なお仕事です-看護師のお悩みあるあるネタ

わたしの妻は、特別養護老人ホームで看護師として働いています。昔は別の場所で、看護師の正社員でしたが、こどもが生まれたときに職場をはなれました。そしてこどもの手がかからなくなると、再び看護師として働きだしました。現在は、老人の介護系のおせわをしていますが、なかなか体力が必要なのでとても疲れるといってい...

≫続きを読む

子供の頃に-看護師のお悩みあるあるネタ

看護師さんに接する機会は、子供のころに比べてそんなに多くはないように思う。子供のころであればしょっちゅう健康診断があり、しょっちゅう体調を崩して病院に行ったり、怪我をして病院に運ばれたりしていたからだ。しかし、大人になった今ではそんな機会もめったになくなってしまった。そんな私ではあるのだが、看護師の...

≫続きを読む

救急-看護師のお悩みあるあるネタ

看護師の仕事も多様ですが、救急に携わっている看護師の仕事はとてもハードだと感じます。救急搬送されてくる患者は選べませんので、看護師としてもとても多くの知識が必要となります。救急の連絡が来た時にどれだけ準備をしておけるかで、後々の治療も変わってくると言っても過言ではありません。知識だけでは無く、経験も...

≫続きを読む