看護師長は明るい人

医療病棟に勤務しています。
介護度の高い患者さんは多く、歩行できる人は数えるくらいしかいません。
この病院には病棟は4つあります。
介護病棟2つと医療病棟2つです。

 

看護師長によって病棟の雰囲気はすごく異なります。
だからドクターも病棟によって態度や雰囲気が異なってきます。
私の勤める病棟の看護師長はとにかく笑っているのです。
人と話したあとに笑い声を添えるのです。
失敗してドクターに叱られたときですら、あやまりの言葉の後に笑い声を添えるのです。

 

真剣な話をしているドクターにとっては、不謹慎だと思われているかもしれませんが、結局ドクターの表情を緩ませてしまうのです。

 

特別な能力としか思えません。
出来ることなら私も真似したいくらいです。
そのせいか病棟自体の雰囲気が明るいのです。

 

スタッフが会話しやすい雰囲気なのでチームワークが良好になります。
病棟によっては看護師長がツンツンしているところもあります。
病棟の雰囲気も冷たいのだとそこに働くスタッフが話していたのです。

 

ドクターも居心地が悪いのか私たちの病棟に来ることが多いです。

 

やはり命を預かる真剣な職場でも、笑顔や笑いは必要です。
チームワークを良好にし仕事をスムーズに行うためにも看護師長の行動は大切です。

看護師長-看護師のお悩みあるあるネタ関連ページ

頑固な患者さん
患者の急変
電子カルテ